新入生歓迎公演「宇宙船アイリーン号」

irene.jpg2000年4月19日(水)・20日(木)・21日(金) 17:15~
@多摩大学001教室
Price: FREE

脚本・演出: 桜井 彩

アキラ: 堤 明日香
スウ: 會田 桂子
コウジロウ: 中島 裕也
レオ: 久保利 健介
ジン: 黒澤 誠
キャプテン: 青木 章太郎
ゴンシ: 盛留 真悟


舞台監督: 新堀 智
舞台監督補佐: 高野 智子
照明: 高野 智子・速水 佳子
照明補佐: 野村 東美
音響: 新堀 智
大道具責任者: 高野 智子
小道具: 青木 章太郎
衣装: 會田 桂子

宣伝美術: 發知 良幸
制作: 會田 桂子

あらすじ:
今から約1500年後。
宇宙船アイリーン号はワープに失敗し、一瞬、現代とつながってしまう。
それに巻き込まれ、宇宙船に乗り込むことになってしまうアキラ。
一人の少女の成長の物語。
text by: あや
 
Comment by: しんきち (2000.05.16)
 1999年サマーギグ「銀河旋律」以降は、しんきちのつてで業務用S-VHSカメラで撮影していました。
画質は格段に良くなったものの、音声にはそれほどでもなかったため、この公演ではしんきちが私財をなげうって集音用のバウンダリーマイクをレンタルしてきたのでした。
が、一日目はマイク位置に問題があったのか、照明の電源コードのノイズをモロに拾い、耳障りなノイズだらけの音声になってしまいました。
二日目、配線位置はそのままでマイク位置を最前列の机の上に変更。これが功を奏し、真ん中が抜けるという問題を除けば最高にクリアな音声が録れました。
三日目、マイク位置はそのままで、気をよくして配線位置を変更したらまた照明の電源ノイズを拾ってしまい、一日目ほどではないにしろ、少しばかりノイズ混じりの音声を収録してしまいました。
音声のことだけを考えれば、編集(稽古中や公演直前・直後・打ち上げの模様をおさめた8mmビデオと一緒にまとめること)は二日目を対象に行うのですが、三日目(最終日)は例によってアドリブが混じったり、イレギュラーなことがいろいろあったので、二日目と三日目、2種類の編集を行ったのでした。
そうそう、片chで20mあるマイクケーブルの敷設を手伝ってくれたワタルん、ありがとね。
あ、あと、接続端子がメス同士でかち合っていて、一日目の午前中にアダプタを急遽買いに行ったなぁ。
しんきちの地元吉祥寺で見つけて、買って学校に戻ったらすでに午後2時をまわってた;;;
 

ビデオ1 ビデオ2 ビデオ3 ビデオ4 ビデオ5
ビデオ6 ビデオ7 ビデオ8 ビデオ9 ビデオ10
ビデオ11 ビデオ12 ビデオ13 ビデオ14 ビデオ15