history1992

1992年12月18日(金)
@多摩大学101教室
Price: FREE

作: 成井 豊[CARAMELBOX]
演出: 富田 英夫


オカモト: 成本 智幸 
坂本 竜馬: 徳田 出 
ホンゴウ: 高野 裕一 
ケイコ: 上條 もと子  
イシクラ: 杉本 裕美 
ムナカタ: 富田 英夫 
トキタ: 丸池 洋一 
カオリ: 白倉 正子 
コクボ: 田崎 伸一 
土方 歳三: 五十嵐 修 


照明: 佐々木 鉄平 / 辰巳 純一
音響: 吉田 信生
大道具: 吉弘 喜文 / 山縣 宏文
美術: 田中 史子
受付: 高島 真

 

あらすじ:
 さえないツアーコンダクターのオカモトが、自分の想像の中の坂本龍馬に叱咤激励されながら、大事件に立ち向かい、同僚夫婦の危機をも救う「男が男になる」物語。
text by: ヨーコ

コメント:
 卒業公演「いつまでも」の翌日に演った3期生/4期生の公演。
 その後のサザンクロスを方向づけた大切な作品。

 

ビデオ1 ビデオ2 ビデオ3 ビデオ4 ビデオ5 ビデオ6 ビデオ7 ビデオ8 ビデオ9 ビデオ10 ビデオ11 ビデオ12

itsumademo.gif1992年12月17日(木)
@多摩大学101教室
Price: FREE

作: 須藤 美樹 ・・・台本が一部欠けております。
演出: 戸谷 早苗


?: 須藤 美樹  
?: 並木 忠之
?: 戸谷 早苗 
?: 宮永 貴司
?: 坂本 和子 
?: 今井 仁 
?: 山下 光起 
?: 瀧澤 剛 


 照明: 小林 衛 / 古川 敏博 / 辰巳 純一
音響: 吉田 信生
小道具: 吉川 正章
宣伝美術: ?


あらすじ:
 とあるキャンパス。
 男二人、女二人の仲良しグループ。
 四人とも卒業してそれぞれの社会で苦しみ、もがき、生きていく。
 不倫。結婚。仕事。友情。自分。
 ・・・でも、どんなことがあっても四人の絆は変わらない。
 数年後のクリスマスイブ。星空を眺める四人。
 「わたしたちは、何があっても仲間だよね」
 「もちろん。いつまでも仲間だよ」
 「そう、いつまでも・・・」
text by: 五十嵐


コメント:
 1期生/2期生による1期生の卒業公演。詳しいことがわかりません。情報求ム!!!

 

 

1992年11月
@多摩大学101教室
Price: FREE

作: 近沢 聡
演出: 今井 仁


榊: 奥村 泰夫 
水田: 富田 英夫 
一ノ瀬: 白倉 正子 
木戸: 辻村 貴代子 
大沢: 五十嵐 修 
武井: 山下 光起 
梅田: 徳田 出 
山本: 杉本 裕美 
池田(声): 田中 史子 
松村: 今井 仁 


照明: 吉川 正章 / 辰巳 純一 / 佐々木 鉄平 / 成本 智幸
音響: 吉田 信生 / 田崎 伸一
大道具: 滝沢 剛 / 高野 裕一 / 丸池 洋一 / 吉弘 喜文 / 高橋 政秀
小道具: 山縣 宏文 / 上條 もと子


あらすじ:
 平凡な大学生、榊は何者かに追われていた女子大生の一ノ瀬に助けを求められる。
 「盗んでいただきたいのです、あなたに。だって凄腕の泥棒なんでしょう?」
 彼女は父親の研究内容が入っているフロッピーを奪われてしまったのだ。
 どうやら人違いをされてしまった榊だが、それでも彼は依頼を受けることに。
 無事にフロッピーを奪い返すことができるのだろうか?
text by: ヨーコ

コメント:
 2期生の引退公演。ビデオは残っていません。

1992.6.

・・・内容の一切が不明。

1992年4月
@多摩大学101教室
Price: FREE

作: 岩本 直美
演出: 今井 仁


??: 福山 新子 
??: 山下 光起 
??: 滝沢 剛 
??: 辻村 貴代子   
??: 岩本 直美 
??: 五十嵐 修 
??: 今井 仁 


照明: 吉川 正章 / 辰巳 純一 / 佐々木 鉄平 / 小林 衛
音響: 滝沢 剛


あらすじ:
 とある喫茶店の店内。学生らしい二人の男女が話をしている。恋愛談義のようだ。
 そこへ一人の男性が入ってきた。ひどく落ち込んでいる。二人の知り合いらしい。
 声をかけられ、彼はついさっき自分の彼女と大喧嘩をした顛末を話し始める。
 聞き終えた二人は彼に同情し、謝ればまだ間に合うのではと励ます。
 彼は勇気づけられ、店の外へと出ていく。しかし・・・
text by: 五十嵐

コメント:
 「もっともっと頑張りなさい」の意味のタイトル。
 かっこつけてフランス語になんかしやがって・・・(あれ?イタリア語だったっけかな?えーい、どっちでもいいや)。
 3組のカップルの恋愛話のオムニバス版。と言うと聞こえはいいけどかえってテーマがひとつに絞り切れていなかったような・・・。
 五十嵐修の初舞台作品ではあるのですが、あまりにつまらなかったので、観客含む関係者一同記憶から抹消しようとしている作品です。
text by: 五十嵐

しんきちより:
 ここまでいわれると逆に気になりますね。
 どんなものだったんでしょうか。ビデオも台本も現在サザンクロスには残っていません。
 台本ぐらいは欲しいなぁ。情報求ム!!!>卒業生の皆様