about

 SouthernCross(サザンクロス)は多摩大学創立と同年の1989年に、第一期生有志により設立された、演劇サークルです。

 多摩大学サークルユニオン(TCU)に加盟している公認サークルで、主に多摩大学多摩キャンパスで活動しています。一切娯楽のない聖ヶ丘の頂上で、日々エンターテインメントの腕を磨いています。

 演劇団体としての位置づけは、小劇場ブームの末裔といえます。小劇場作品はいくつも上演していますが、メインとなる劇場の001大教室があまりに大きいため、練習風景は新劇に似ています。オリジナル作品も多く発表しており、ラブストーリーからSF、リアルなものから漫画的なものまで、様々に挑戦しています。

 数年前までは、サークル員減少により活動の維持が危ぶまれていたためOB会が積極的に継承を行っておりましたが、近年ではメンバーの充実とともにサークルとしての機能を取り戻し、現役学生を中心に活発に活動しております。

 そして、しばらくご無沙汰だった多摩演劇フェスティバル「たまには芝居」にも再び参加を果たしました。域に、大学に、社会にと貢献できる開かれたサークルを目指し今日もがんばります。

 私達サザンクロスは創立20周年を越え、これからますます発展していこうと思っています。

 本番が近づき勉学よりも練習を優先することや、長期休暇に毎日キャンパスに行くことも多く、保護者の皆様にはご心配をおかけしていると思います。

 社会の先輩でもある皆様は、演劇が利益化の最も難しい芸術のひとつであることをご存知のはずです。この困難な課題に経営情報学を駆使し続けることで、私達は大学で学ぶ勉強を体で覚えようとがんばっています。成果をあげること、時間を管理すること、使命を感じること、志を持つこと、これらの取り組みは本番という形のみならず、どんな方面にも応用が利きます。

 とはいえ、学生は独善的になりがちです。いつでも叱咤と激励をお願いします。

 そしてできれば、本番も見て下さい。お願いします。

 私達サザンクロスは、よき大学生、よき青少年として、地域への貢献を模索しています。

 社会と隔絶し、時に皆様にご迷惑をおかけする大学生も見受けられる昨今ですが、サザンクロスは地域・社会とつながっていくことにより、振る舞いやマナーを身に着けたいと考えています。

 寸劇や紙芝居などの小さな出し物から、本格的な公演まで、何かご一緒できたらいいなと考えています。すぐになにかできるというわけではありませんが、元気だけはありますので、どうか一声かけてください。

map_tmu.gif

京王線聖蹟桜ヶ丘駅下車12番バス停から(稲城駅行きを除く)約15分

京王・小田急永山駅下車
2番バス停から約15分

タグクラウド